年間240万円の半不労所得を実現する判別式ネット集金プログラム『D/M』 - セールスレターの嘘を暴く!

セールスレターの嘘を暴く! ホーム » スポンサー広告 » 未分類 » 年間240万円の半不労所得を実現する判別式ネット集金プログラム『D/M』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年間240万円の半不労所得を実現する判別式ネット集金プログラム『D/M』

年間240万円の半不労所得を実現する判別式ネット集金プログラム『D/M』

販売者名: システマコミュニケーションズ

通常価格: 32,000円

▼ OFF: 12,000円

特別価格: 20,000円

商材PR

合か否かの選定作業が日々の収入を決定付ける

判別式ネット集金プログラム

年間240万円の半不労所得を実現する判別式ネット集金プログラム『D/M』 

年間240万円の半不労所得を実現する判別式ネット集金プログラム『D/M』

事実上この提供価格は早ければ10日ほど、遅くとも半月ほどで十分に回収可能な金額となっています。



何よりそれ以上の収益を今後の有効性も含めて保証しているわけですから、このシステムにおいてはこの提供価格分の収入さえも得られないという事はまずございません。



むしろ月間20万円の収益とそれに伴う1年間の継続性を保証条件を考慮すれば、リスクを背負っているのはこのような価格を提示している私の方です。



しかしこのシステムの仕組みや実績を誰よりも熟知し体感している私達にしてみれば、これらの保証条件などは特段何のリスクでもございません。



現にそれを裏付けるだけのサポート体制も敷いているのですから、このシステムを利用してそれだけの収入を得られない事など到底考えられません。



言わば、私達のサポート主導のみでもどうにでも出来る結果を保証しているに過ぎないのです。



そしてあなたがのシステムを利用して実際に引き出していった日々の収益は翌月の末日には間違いなくあなたの元へ入金されるようになっているのです。




その上で「このシステムを介して実際に得ていく収入が一体どういう位置づけにあるものなのか」という点も念のため補足しておきます。



まずその税金面ですが実際に得ていった収入はごく普通に税金がかかります。



というより、日本の税法で税金がかからない収入などはほぼございませんので、それはごく当たり前の事です。



ただしこの事から強いて言える事は「このシステムを介して得る収入は決して申告さえ出来ないようないかがわしい収入では無い」という事です。



当然その収入を引き出していく過程に関しても他の誰かに迷惑をかけるような要素はございませんし法律に触れるような事も全くございません。



むしろその市場内で消えゆく資金を蘇らせているわけですから、それに伴う「利」を得ている人も少なからず存在します。



そもそもこのシステムに取り込んでいく資金源データは全く同じデータを取り扱ったとしても、必ずしもそれが同じ傾向の認証コードを表示するわけではありません。



全く同じ資金源データを介した上でも認証すべき表示コードを示すか否かはその時々のタイミングなどによって異なるものなのです。



そうした特性も含めて全体的な表示比率としては6~7割方、認証すべきものが表示されるのですが、実際はその見極めが極めて難しいものになっています。



つまりその極めて不規則な反映状況に実際にこのデータを利用している既存のユーザーはその識別が出来ずに利益と損失をそのまま相殺しているような状況にあるのです。



そこでそれらの反映状況を事前に識別し、収入に繋がるもののみを自在に反映させていけるようにしたものが今回のジャッジメントシステムになります。



つまりこのシステムはその資金源から収入に結びつく反映情報のみをそのまま1つのデータコードとして抜き出せるようにしたものなのです。




本音でこのシステムは私達エンジニア3名の技術を結晶して作り上げた渾身の自信作になっています。



このような優れたシステムは業界のどこを探してもまず出てきません。



実際に得られる結果は元よりそのシステム構造のみを取っても先ほど提示した提供価格以上の価値は十分にあります。



もしもこのシステムと同じものの作成を一般のシステム会社に依頼したならその依頼料は間違いなく先ほどの金額の10倍以上の金額になるはずです。



現状の提供価格はこのシステムを多くの利用者に利用してもらう事が私達の利益に繋がるという特性があったからこその金額なのです。



そのような特性がこのシステムに備わっていなければ、このシステムを提供していく事さえ無かったかもしれません。



少なくともここまでのサポート体制を備えての提供などは100%しなかったと思います。



ここまでの条件でこのシステムが公開されている事。



それが人数を絞り込んでの市場に合わせたものであるという事。



これらを踏まえていただければ今あなたが目の前にしているチャンスがどれほど好条件なものであるかはこれ以上語る必要も無いかと思います。



後はあなたがその一歩を踏み出せるかどうかです。



スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://infoweedcom.blog42.fc2.com/tb.php/307-3e43ebc8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。