宅建試験にわずか60日で合格する“山田式勉強法” - セールスレターの嘘を暴く!

セールスレターの嘘を暴く! ホーム » スポンサー広告 » 未分類 » 宅建試験にわずか60日で合格する“山田式勉強法”

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宅建試験にわずか60日で合格する“山田式勉強法”

宅建試験にわずか60日で合格する“山田式勉強法”

販売者 : 齋藤 慎也
販売価格 : 16,800 円
商材レベル : 初級〜中級
更新日 : 2010-07-06

販売者のPR
”山田式勉強法”を実践した人全員が

宅建試験に合格することを目標としています。



ですので、なにがなんでも合格してもらいます。

そのためでしたら、時間と労力を惜しまずとことんサポートさせていただきます。





【とことんサポート特典】



※一部の特典は数量に限りがありますので、先着順となっています



●その1●

試験2ヵ月前に“山田式勉強法”オリジナルCDを無料でお届け



●その2●

お奨めの問題集(2010年度版)を無料でお届け



●その3●

試験前日まで山田さん本人が直接メールサポート



●その4●

もしもの場合は、もう1年ご一緒します



●その5●

販売者のPR
”山田式勉強法”を実践した人全員が

宅建試験に合格することを目標としています。

ですので、なにがなんでも合格してもらいます。

そのためでしたら、時間と労力を惜しまずとことんサポートさせていただきます。

【とことんサポート特典】

※一部の特典は数量に限りがありますので、先着順となっています

●その1●

試験2ヵ月前に“山田式勉強法”オリジナルCDを無料でお届け

●その2●

お奨めの問題集(2010年度版)を無料でお届け

●その3●

試験前日まで山田さん本人が直接メールサポート

●その4●

もしもの場合は、もう1年ご一緒します

●その5●

試験に合格したら奨励金(最大1万5千円)をプレゼント
宅建試験(宅地建物取引主任者試験)にわずか60日で合格する“山田式勉強法”







「その参考書は2度と開かないでください」などと言うと、
参考書を執筆している先生方を敵に回してしまうのかもしれません。

ですが、それでも提言させてもらいます。



もしもあなたが、
「試験に合格することが目的じゃないんだ。
 参考書の内容をすべて理解して、すべてを暗記したいんだ。」
と言うのであれば、申し訳ございません、私からできるアドバイスはありません。

ですが、このページをご覧になっているあなたのゴール(目的)は、
『宅建試験に合格する』ことのはずです。

...

「それはそうだよ、そんなことは百も承知だよ!」
と思いましたか?

100人がこのページをご覧になったら、90人はそう思うことでしょう。
ですが、その90人のうち、
本当の意味での『宅建試験に合格する』ための勉強ができているのは
多くても5人程度です。

それだけ、


私が、参考書を執筆している先生方を敵に回す覚悟で、
この“山田式勉強法”をお教えするのは、あなたに、
効率的な勉強法を知ってもらわなければならないという使命感からです。

私がこの“山田式勉強法”を知ることができたのはひょんな縁からでした。
あなたにこのページをご覧いただけているのも、
おそらくはひょんな縁からだと思います。

ですが、例え出会い方がひょんなものであっても、このご縁が
あなたにとって人生の転機を迎えるものであることを私は確信しています。










ご挨拶が遅れました。
私、株式会社DawnRaid(ドーンレイド)の齋藤慎也と申します。

今回、この『宅建試験にわずか60日で合格する“山田式勉強法”』を
あなたにお伝えする責任者です。

そして、この“山田式勉強法”の考案者である山田さん(仮名)を
紹介させていただきます。

「・・・仮名?」

「・・・しかも、山田だって?」

「...こいつ、俺が本気で悩んでるのにふざけてるのか?」

そんな声が聞こえてきそうですが、私は決してふざけているわけではありません。

実は、この“山田式勉強法”をあなたにお教えするにあたり、
山田さんから2つの条件を提示されました。

1つ目の条件は、彼の本名や顔を明かさないこと。
彼は今、一部上場企業の社員ですので、
本名や顔を明かすことはどうしてもできません。

2つ目の条件は、彼の勉強法を伝授するからには、全員合格を目指すこと。
先ほどもお話ししましたが、
私が、彼の勉強法を知ることができたのはひょんな縁からでした。
ですが、彼の勉強法、すなわち“山田式勉強法”の内容をひも解いた時、
「全員合格という目標は決して不可能なものではない」
と確信しました。


なぜなら、



論より証拠、山田さんの持っている資格の一部をご紹介します。

山田さんは、独自に編み出したこの“山田式勉強法”で、
難関とも言える多数の資格試験に一発合格しています。


具体的には、次の資格試験に合格しています。


 宅地建物取引主任者(合格率15%)



 管理業務主任者(合格率20%)



 マンション管理士(合格率8%)



 ファイナンシャルプランナー(合格率35%)



 簿記2級(合格率25%)





「・・・その山田って奴が、もともと頭のいい奴なんだろ?」

そう思いましたね?

その疑いは当然です。

なにを隠そう、私も最初はそう思ったからです。

むしろ、そう疑わなかった人は少し危険な状態です。

なぜなら、
世の中には宅建試験に合格するための情報と称されるものが氾濫していますが、
残念ながら、それらすべてが信頼に足るものとは限らないからです。

あなたはそれらを鵜呑みにしてはいけません。
どの情報を信頼し、どの勉強法を選び、その参考書を選ぶか・・・
そこから宅建試験合格への勝負は始まっているのです。


さて、話をもとに戻しますが、

もしも、


なぜ役に立たないかと言うと、
結局のところ、

特別な才能がある人には、特別な才能がない人の悩みは分からないからです。

特別な才能がある人は、(その苦悩を理解することができないので)
特別な才能がない人を指導することはできないからです。

よく言われる、『名選手、名コーチにあらず』というものです。


しかし、山田さんは、お世辞にも優等生と言えるタイプではなかったのです。
(山田さんは、自身のことを「落ちこぼれ」とすら言います)

それでは、これから宅建試験まで、
あなたと二人三脚で進んでいく山田さんのことを知ってもらう良い機会なので、
ここからしばらく、山田さんにお話をしてもらいます。





こんにちは。山田です。

今回、DawnRaidの齋藤さんに猛烈なアタックを受け、あなたにこの“山田式勉強法”をお教えすることとなりました。

本名は山田ではないのですが、私は今、コンプライアンスにも厳しい一部上場の不動産会社に勤務していますので、そこはご理解いただきたいと思います。


さて、私は今まで数多くの資格試験に合格しています。

そして、36歳になった今でも、保有資格は増え続けています。
はっきり言って、今は資格を取るのが楽しくて楽しくて仕方ありません。

この保有資格の中には、世間一般的に難関と言われているものもあります。

私は仕事柄、時間に余裕があると言えるような生活は送っていません。
朝9時に出勤して、夜22時に帰宅するというような生活サイクルですが、そんな私に言わせても、難関な資格なんてひとつもありません。
(医者や弁護士など、物理的にあなたが今すぐ申し込みできないようなものは除きますよ)


それでは、齋藤さんから自己紹介をしてくださいと言われていますので、簡単に私の落ちこぼれっぷりをお話しします。

私は東京都内で生まれ、平凡にではありますが、すくすくと育ちました。

人生の歯車がくるい始めたのは中学生の頃です。
まだ幼かったのでなんとなくでしたが、周りの友達よりも勉強ができないという劣等感を持ち始めました。

受験勉強をしても無駄なくらいの学力しかなかった私は(そもそも勉強の仕方すら知らなかったように思います)、自宅から近い工業高校に推薦枠で滑り込みましたが、それでも成績は真ん中より下。

たまたま仲がよかった友達が大学を目指していたので私もなんとなく大学を受験しましたが、一浪した結果、志望校ランクを下げ、ぱっとしない五流大学に進学。
そんな私が勉強になど興味を持てるわけもなく、遊ぶお金ほしさにバイトに明け暮れる日々。

そして、この後に、私が人生で一番苦労する時期がやってきます。

そうです。就職活動です。

五流大学からの就職って難しいんです。
多分、工業高校からそのまま就職してしまった方が、会社レベルは別としても、簡単に就職できていたと思います。

「日本って本当に学歴社会なんだな」と、23歳にして痛感しました。


それでもお金を借りて学費をつくっていたので、就職しないわけにはいかず、卒業間近の3月上旬に決まった就職先は、頭よりも体をつかうような仕事の会社でした。



でも、人間って不思議な生き物ですよね。
どんな場所やどんな環境にあっても、そして私のような勉強嫌いの人間であっても、潜在的に「ステップアップしたい」という欲求を持っているものですね。

ある日の晩、布団に入った時にふと思ったんです。

「・・・俺、このままでいいのか?」と。

「・・・だけど、今から学校に通いなおすわけにもいかない。かといって、自分の学歴や職歴では再就職は難しい...」
と、悶々と悩んだのを今でもよく覚えています。

そんな時に、某大手通信教育のテレビCMを目にしました。


その時は、
「これだっ!」
「資格を持っていれば、今よりもステップアップした会社に就職できる。」
「家族や友達も俺を見る目が変わるぞ!」
と身震いすらしましたね。

もともと
「不動産投資って儲かるんだろうなー、いいなー」
という漠然とした考えがあったので、宅建講座を選択し、申し込みをしました。

・・・

ですが、現実は甘くありませんでした。

通信教育に申し込めば、資格を取れとる錯覚してしまっていたんですね。

まず、届いたそのテキストの多さに心が折れそうになりました(笑)

しかし、本当に心が折れたのは、この後です。

やっとの思いですべてのテキストを終了させ、最終課題を提出するも、その頃には、テキストの1巻で勉強した内容なんてこれっぽちも覚えていなかったのです!!

まさに、お先真っ暗状態でした。

・・・

そんな私も、今では俗に言われる“資格ハンター”です。

そして、その資格たちのおかげで、(誰も知らないような五流大学とは打って変わって)誰もが絶対に知っている一部上場の不動産会社に勤務しています。








私は、ストレートに質問をしてみました。

すると、山田さんはさらにこう続けてくれました。


実は、宅建の通信教育で心が折れてお先真っ暗になったあの日から、ちょうど2ヵ月後が宅建資格の試験日でした。

宅建試験までたったの60日「しか」なかったんです。
(今思えば、60日「も」あったわけなのですが)

このままの勉強法じゃ絶対に合格できないと感じ、それこそ神にも祈るような思いである方法に絞って勉強をしました。

“ある方法”に絞ったのは、簡単そうだし、でもなんだか能率がよさそうだと思ったからです。
つまり、ダメダメな私は「楽そう」だと思ったんでしょうね。

すると、どうでしょう?
周りの「絶対に受からないよ」という冷ややかな期待を裏切り、ちゃんと合格してしまったのです。

この時の“ある方法”に改良を重ねた勉強法こそが、齋藤さんが名付けてくれた”山田式勉強法”なんです。


そして、調子に乗った私は改良した勉強法で、「不動産投資の建物管理に役立つかな?」という安直な理由から、管理業務主任者の試験にチャレンジしてみました。

この時も猶予は2ヵ月くらいしかなかったと思うのですが、なんとそれでも、合格率20%程度の試験に合格してしまったのです。

今まで、勉強ごとがトントン拍子で進んだことがなかったので、宅建資格、管理業務主任者資格と連続で合格した時は、飛び上るほど嬉しかったものです。

「もしかしたら、俺って天才?」なんて自己陶酔もしました(笑)


それからは資格を取得するのが楽しくて楽しくて仕方がなくなってしまい、『宅建物取引主任者』『管理業務主任者』に続けて、不動産投資(不動産)に関わる『マンション管理士』『FP(ファイナンシャルプランナー)』と数珠つなぎに次々と取得しました。


そうして、私は今・・・

宅建資格を保有する、不動産取引のプロであり、

管理業務主任者資格を保有する、不動産管理のプロであり、

マンション管理士資格を保有する、マンション運営のプロであり、

FP(ファイナンシャルプランナー)資格を保有する、マネープランニングのプロでもあるのです。


また、不動産には関係ありませんが、自分の勉強法(山田式勉強法)の力試しのためだけに簿記2級を受験したこともありました。
(もちろん、一発合格しました)

2級なので社会的に価値のある資格かと言われれば、「ないよりはあった方がマシ」という程度かもしれませんが、それでも合格率25%ですので、4人に3人は試験に合格できない計算です。







そして、FP資格を取得した頃でした。

某転職サイトにスカウト用のプロフィールを掲載していたのですが、今勤めている不動産会社からスカウトのオファーが届いたのです。

この私にオファーが届いたんですよ?

大学時代の就職活動中にはどこも見向きもしてくれなかった五流大学出身の私に、一部上場企業からオファーが届いたんですよ?

面接の時なんて、「こんなに資格をお持ちの方は珍しいですね。きっと、相当な努力をされたんじゃないですか?」と聞かれてしまい、まさに絶好のPRポイントになりました。


最後なので、正直に言わせてもらいます。

(わざとちょっと嫌味な言い方をさせてもらいますが、許してください)

こんな落ちこぼれの私が合格できるのに、なんでみんなは合格できないんだろう?と不思議にすら思ったものです...と言うよりも、今でも思っています。

少なくとも私なんかより、よっぽど意欲や能力をお持ちのあたなでしたら、ちゃんとした勉強法さえ知っていれば、合格できない資格なんてないはずです。

私も齋藤さんと同じように、あなたが宅建試験に合格することを応援しています。


山田





山田さんのお話はいかがでしたでしょうか。

私が初めて山田さんにお会いした時は、
(言葉を借りると)落ちこぼれだったとはまったく想像できないような、
スタイリッシュな、何と言うか、“ヤリ手”の印象を受けました。

中学時代の同窓会などに出席したら、
きっと、当時とのギャップからかなりモテるタイプですね。


じつは、“山田式勉強法”という名前は、便宜上私が名付けました。

全国の山田さんには申し訳ないのですが、
勉強法に自信がなければ山田式という平凡なネーミングはしません。
もっと目を引く、合格できそうな、
例えば今流行りの、「久保田式」「横峰式」などを引用します。

ですが、正直、名前などどうでもよかったのです。

ネーミングに余計な時間と頭をつかうくらいなら、
他にあなたの合格率を1%でも上げる方法を考えるべきだと思ったのです。
木村式でも、佐藤式でも、私の苗字である齋藤式でもよかったくらいです。

繰り返しですが、自信と実績に裏付けられているからこそのネーミングなのです。











あなたには、こんな経験がありませんか?

「せっかく勉強したのに、1週間後にはうろ覚えになってしまっている...」

「1ヵ月後には、きれいさっぱり忘れてしまっている...」

山田さんも同じ経験をお持ちでしたが、
そんな自分に腹が立つこともあったと思います。

自分は頭の悪い人間なんだと自暴自棄になったことすらあったかもしれません。


でも自分を責めないでください。
”忘れてしまう”のは、あなたの能力が劣っているからではありません。

もっと言うなら、







まずは、この事実をきちんと受け止めてください。

それが、宅建試験に合格するためには、とても大切なステップなのですから。


私がこんな話をするのには根拠があります。

ドイツの心理学者であるエビング・ハウスが、ある実験結果を発表しています。
発表したのは、『エビングハウスの忘却曲線』です。

『エビングハウスの忘却曲線』とは、
人間がまったく新しい事柄をいつまで記憶していられるか?
いつになったら忘れてしまうのか?
を表した曲線グラフです。





※私が研究数値を基に作成したグラフなので曲線グラフになっていませんが、
 イメージは分かってもらえると思います。


この研究結果によると、
   人間は、
      1時間後には56%を忘却し、
         1日後には74%を忘却し、
            1週間後には77%を忘却し、
               1ヶ月後には79%をも忘却してしまう、
ということになります。


つまり、こういうことです。



ということになるのです。


これは山田さんもお話していた、
「通信教育の課題がすべて終わった頃には、
 テキスト1巻の内容をまったく覚えていなかった」
ということを裏付けていますね。


あなたの経験ではどうでしょうか?

順番にテキストをこなしていって、
やっとの思いですべての課題を終わらせました。

さて、テキスト1巻の内容をきちんと覚えていましたか?

もしも、
「確かにそうだなぁ。ほとんど覚えてないなぁ...」
と共感していただけたあなたは、すでに
『エビングハウスの忘却曲線』を身を持って体感しているということになります。

もしも、
「いや、テキスト1巻の内容もほとんど記憶できてるよ」
という方には、この“山田式勉強法”を知る必要はないかもしれません。










日本人には、日本人特有の陥りやすい『勉強法の罠』というものがあります。

世界各国の人に比べ、日本人はとても真面目で勤勉で知られています。

この勤勉さが経済大国日本を作り上げたのは言うまでもありませんが、


教育環境が整っていて、義務教育もある、誰かに教えてもらう、
カリキュラム通りに進める、という体質が根づいてしまっているからです。
宅建資格を取ろうとしているあなたも、真面目で勤勉な方だと思います。

そんなあなたに、先ほどの通信教育を例にとって質問をさせてください。

あなたの目の前には、
宅建の通信教育の教材(テキスト1巻~5巻)があると想像してください。


想像できましたか?



それでは質問です!




教材として、テキストが1巻から5巻まで届きました。あなたはきちんと1巻から始めますか?



わからない問題があったら解説を読み、疑問点をきちんと解決してから、次の問題に進みますか?



テキスト1巻から始めて、テキスト5巻や付属の提出課題が終わるまで、テキスト1の復習をすることはありませんね?




質問は以上です。





「はい」が3個のあなた・・・



「はい」が1~2個のあなた・・・


「はい」が0個のあなた・・・






...よく肝に銘じてください。

先ほども言いましたが、
あなたの目的(ゴール)は、『宅建試験に合格する』ことです。

参考書や問題集の内容を理解し、記憶することではありません。

この認識を改めて、本当の意味で勉強方法を改革しないと、
あなたの試験合格は一気に遠ざかります。


ただでさえ、市販されている参考書には大きな問題があるのですから...










資格の試験勉強って大変ですよね。

なにを今更...と思われるかもしれませんが、
このページをご覧になっているあなたは、きっと仕事をされていて、
その合間の貴重な時間を割いて資格を取得しようとしている、
そんな頑張っている(頑張ろうとしている)人なのだと思います。

ですが、その合間の貴重な時間には、甘い誘惑がたくさんあります。

私も資格取得を目指した経験が何度もあるので、甘い誘惑には詳しいです(笑)

友達や同僚との飲み会や、異性との合コン、
毎週かかさず見ているテレビドラマ、フットサルやテレビゲームなどの趣味、
彼氏や彼女との長電話、ただただ眠りたい欲求、
休日の家族サービス(誘惑ではなく義務というイメージかもしれませんが)、
etc...

本当に多種多様な誘惑が、私たちを取り巻いています。






あなたは、宅建試験に合格するための平均勉強時間をご存知ですか?

一般的には、200~300時間と言われています。

間を取って仮に250時間が必要としましょう。

毎日30分の勉強時間を割いたとして、500日(1年4カ月)、
毎日60分の勉強時間を割いたとしても、250日(9ヵ月)、
毎日120分の勉強時間を割いたとしても、125日(4か月)が必要です。

私には、こんなにも長い期間、誘惑に打ち勝ち続ける自信がありません。

ではどうしたら良いのか?

選択肢は2つだけです。

1番、誘惑に打ち勝つ精神力を鍛える!
2番、誘惑に耐える時間(つまり勉強期間)を短縮する!

あなたはどちらを選びますか?

・・・

私なら、2番を選択します。
だって、その方が直ぐに取りかかれますから。

精神力を鍛えていたら、今年の宅建試験には間に合いません。
(そもそも精神力を鍛える方法がわかりません)


しかしながら、市販の参考書や通信教育のテキストを使った勉強法で、
勉強期間を短縮することはそう簡単なことではありません。

通信教育や専門学校のカリキュラムをもってしても、
やはり250時間程度の期間は必要なのです。

ただし、ここには大きな盲点があります...



誤解のないように説明しますが、
参考書や通信教育の勉強方法が間違っているということはありませんね。

あくまで目的の違いです。
私が言っているのは、
『宅建試験に合格するための勉強方法としては間違っている』ということです。

考えてもみてください。
分厚い参考書、あるいは、何冊も何冊もある参考書、
本当にあれだけの内容をすべて勉強し、記憶する必要があるのでしょうか。

宅建試験の問題は50問です。

いいですか?



ではなぜ、その宅建資格に合格するためのものである参考書のボリュームと、
その対象である試験問題のボリュームにギャップがあるのでしょうか?

答えは簡単です。

参考書の制作者(社)にとっては、
参考書に載っていない問題が出てしまうと非常に困るからです。
来年からの販売数にも影響が出るでしょうし、
なによりも、制作者や著者の名前に傷がついてしまうからです。

よく、「昨年度の試験問題が3問も的中しました!」と、
大きく宣伝している参考書を見かけますが、そんなのは当たり前です。

確率的な考え方をすれば、
参考書を分厚くすればするほど、的中率が上がって当然ですよね。


そのような制作サイドの保守的な理由から、
少しでも試験に出題される可能性のある事柄については、
ぜーんぶ参考書に盛り込まれてしまっているのです。

宅建試験においては、35~40点、つまり、7~8割の正解率で合格できるのに、
さも、50点満点中50点満点を取るための参考書になってしまっているのです。


このような作り手の都合に振り回される勉強法では、
あなたの貴重な時間を浪費してしまうだけです。
甘い誘惑に耐えなければならない時間が無駄に延ばされてしまうだけです。


さらに、参考書ではなく、
宅建の試験問題の作り手の心理についても考えてみます。

結論から言うと、毎年毎年すべての問題を一新するということはしません。

絶対にです。

その理由は、参考書の制作者が抱える保守的な理由と同じようなものですが、
これは、あなたにとってとてもラッキーです。

なぜなら、


この“山田式勉強法”は、その盲点の急所を突く方法も網羅しています。











お待たせいたしました。

それでは、
『宅建試験にわずか60日で合格する“山田式勉強法”』の内容についてです。

すべてをここでお教えするわけにはいかないのですが、
『宅建試験にわずか60日で合格する“山田式勉強法”』に含まれている
ノウハウの一部をご紹介します。















誤解のないように申し上げておきますが、『宅建試験にわずか60日で合格する山田式勉強法』は宅建試験対策用の参考書ではありません。

当然、宅建試験における出題分野ごとのポイントも解説していますので、
この十数ページだけでも大変価値のあるものです。


ですが、それよりも価値があるのは、

というところです。

山田さんは、『宅建』だけでなく、『管理業務主任者』や『簿記2級』、
難関と言われる『マンション管理士』の資格を一発で、
しかも短期間の勉強で取得しています。

さらに、昨年には『社労士(社会保険労務士)』の試験にも合格しているのです。
この社労士も超難関と言われている試験の1つで、合格率はわずかに7~8%程度です。


これによって、山田さんの資格がまた1つ増えました。


 宅地建物取引主任者(合格率15%)



 管理業務主任者(合格率20%)



 マンション管理士(合格率8%)



 ファイナンシャルプランナー(合格率35%)



 簿記2級(合格率25%)



 社会保険労務士(合格率7%)












これらの実績は、


あなたは、この勉強法、そのものを習得することができるのです。

“山田式勉強法”を知ることによって、宅建はもちろん、今後
『□□試験に●●●日で合格』というような教材を買う必要は一切なくなります。

人間は忘れる生き物ですが、そのくせに、学び続けたい生き物なのです。
特に、資格を取得したいという意欲をお持ちのあなたは、
きっと、いくつになっても学びたい、資格を取得したいという
欲求にかられることでしょう。

何かを学びたいと思ったその時に、
学ぶ手法を知っている人と知らない人とには雲泥の差が出ます。

この”山田式勉強法”は、あなたの、「学びたい」「資格を取得したい」
そんな欲求を満たすための、一生の財産になります。









最初にお話ししたように、山田さんと私は、
あなたを含めた”山田式勉強法”を実践した人全員が
宅建試験に合格することを目標としています。

ですので、なにがなんでも合格してもらいます。
そのためでしたら、時間と労力を惜しまずとことんサポートさせていただきます。

※一部のサポートは数量に限りがありますので、先着順となっています。









※オリジナルCDは、現在、山田さんをリーダーに鋭意制作中ですので画像はイメージです


耳から情報を入れることによって、“山田式勉強法”の成果がさらに加速します。
通勤などの移動中や、布団に入ってからなどのちょっとした時間に聞いてください。
※こちらのプレゼントは、先着100名様限りとさせていただきます。
※教材購入後にメールでお申し込みください。
※“山田式勉強法”オリジナル、一問一答音声ファイルはCDでのお届けとなります。






山田さんに、
「自分が今年もう1度宅建試験を受けるならどの問題集を使う?」
という観点から、選りすぐりの1冊を極秘で教えてもらいました。
※こちらの2,200円相当のプレゼントは2010年7月19日までにお申し込みいただいた方限りとさせ
 ていただきます。
※教材購入後にメールでお申し込みください。
※限定期間内に間に合わなかった場合、ご自身でこの問題集をお買い求めいただく必要があります。






2010年度の宅建試験前日まで、あなたの質問に山田さんが直接お答えします。
マニュアルを読んでもよく分からないことがあれば、お気軽にご質問下さい。
その他、資格試験マスターとしても良いアドバイスをさせていただけると思います。
※ご質問と回答はメールでのやり取りとなります。
※全員のご質問にスムーズにお答えしたいため、お一人様5件までとさせていただきます。





もしもですが、『宅建試験にわずか60日で合格する“山田式勉強法”』のとおりに
勉強をしたにもかかわらず、宅建試験に合格できなかった場合、
メールサポート期間を延長していただくことができます。
延長期間は2011年度の宅建試験前日までで、当然、山田さんが直接お答えします。
※全員のご質問にスムーズにお答えしたいため、お一人様毎月3件までとさせていただきます。






『宅建試験にわずか60日で合格する“山田式勉強法”』で見事合格されたあなたには、
これからも”山田式勉強法”で他の資格試験に合格し続けてほしいという想いから、
奨励金として、金1万円をプレゼントさせていただきます。
※指定のフォーマットに合格体験記をご記入いただいた、先着20名様とさせていただきます。










ここまで、貴重な時間を割いてお読みいただきありがとうございました。


くれぐれもお伝えしておきたいのは、
この『宅建試験にわずか60日で合格する“山田式勉強法”』は、
本屋で売られているような、
誰でも手に入れることができる普通の書籍とは違うということです。

本屋さんに並んでいる本に比べると、
「高いんじゃないの?」と思われる方もいると思います。
ですが、あえて苦言を呈しますが、
そう思われる方は『情報の価値に対する認識』が低いと言わざるをえません。

本屋さんで買える書籍に書かれている情報というのは、
極論、誰でも知ることができるものです。



高度に成長したこの社会では、
今こうしてあなたと私がお話をしている間にも、様々な情報がやり取りされ、
より高度な、より有用な情報を手に入れた人だけが、
他の人に先んじてステップアップを果たしているのです。

特に、『今のあなたに必要な情報』『目指すあなたになるための情報』は、
いくらお金を出してでも手に入れるべきです。

私も、数万円の教材を購入したり、
10万円に近い費用をかけてセミナーに出席することがあります。
(さすがに10万円を超えると躊躇してしまいますが)

自分の知識や見識を広げるためにお金を遣う、
いわゆる自分への先行投資は、貧乏をしてでも行うべきです。

この『宅建試験にわずか60日で合格する“山田式勉強法”』も、
あなたのような意欲の高い方に見つけていただき、
このページをしっかり読んでいただいたうえで、
本当に必要なものかどうかをじっくりと考えていただきたいのです。

だからこそ、
本屋で売られているような普通の書籍を鵜呑みにしている多くの人は、
存在すら知ることができない非常に秘匿性の高い情報なのです。

そして、
普通の書籍との大きな違いをもう1つ挙げるなら、そのサポート体制です。
本屋などで大衆向けに売られている参考書などには、
メールサポートや、CD、奨励金のプレゼントなどは絶対についていません。

なぜなら、『売っておしまい』だからです。



ですが、山田さんや私は違います。

徹底的にサポートさせてもらいますし、
先着100名様限定の特典である「一問一答オリジナルCD」も、
購入者様ひとりひとりのことを想って、私たちが自分の声で録音をしています。
(現在、山田さんをリーダーに鋭意制作中です)





これだけの想いを持って、
『宅建試験にわずか60日で合格する“山田式勉強法”』を世に送り出している
ということだけはご理解ください。

資格の試験勉強は孤独との戦いでもあります。
どうしても行き詰まってしまうこともあると思います。
そんな時に、
この『宅建試験にわずか60日で合格する“山田式勉強法”』が、
あなたの気持ちを切り替え、道先案内となるような指南書になれば、
そんなに嬉しいことはありません。


さて、それでは、“山田式勉強法”をまとめた教材のお値段です。

価格を決めるにあたって、
ひと通り大手通信教育(宅建講座)の設定も調べてみました。

・通信教育U社 54,000円
・通信教育K社 48,000円
・通信教育F社 92,800円
・通信教育T社 76,000円  (いずれも税込)

ですが、あまり参考になりませんでした。
当たり前ですが、価格にばらつきがあり、色々なオプションが用意されているため、
結局、いくらになるのか?すら分からない会社もありました。

山田さんや私があなたにこの“山田式勉強法”をお教えするのは、
一種の使命感からというお話をしました。

誰かが喉から手が出るほど欲しがっている情報を持っているなら、
その情報は広く共有していくべきなのです。
(当然、共有する相手は選ばなければなりませんが)

山田さんにも私にも、会社員としての安定した収入があります。
なので、このビジネスで儲けようとは思っていません。
教材やCDの制作の費用分と、スタッフに支払う給与分、
それに、最長1年以上のメールサポートの時給程度があれば十分です。

ただ、私も人間ですし、聖人君子ではありませんので、
正直なお話、少しの見返りは得たいとは思っていますが。


ですので、大手U社さんの半額の27,000円(税込)でどうでしょうか?

・・・

そうですね、高いですよね?

山田さんとも価格設定についてだけは、最後の最後まで悩みました。

「本当にこの“山田式勉強法”を必要としている人が手に入れられないような、
 そんな価格を設定してしまっては、自分たちの意義がなくなってしまう」と。


ですので、さらに10,000円以上の値引きをし、16,800円(税込)とします。

これならきっとほとんどの人に手にしてもらえるだろうと思います。

これ以上値下げをすると、
サポートの質を落とさなければならなくなってしまいます。


ですので、あらかじめご理解いただきたいのですが、
きちんとひとりひとりに向けたサポートができなくなる危険性が出てきた場合、
あるいは、販売を終了させていただくこともあります。

それが一体いつなのかは分かりません。
メールサポートをする山田さんの本業との兼ね合いもあります。

ただし、本業がどんなに忙しくなってもメールサポートを疎かにしたくないので、
多少余裕をみて、サポート人数を少なくしておく必要があるとは考えています。

結果、販売終了が思ったよりも早かったということもあるかもしれませんので、ご理解ください。









※画像はイメージです
※一問一答オリジナルCDは試験2ヵ月前のお届けです



















いずれの注文方法でも、「一問一答オリジナルCD」は試験2ヵ月前にお届けします。

【ダウンロード版とは】
PDF形式のファイル(107ページ)をインターネット上でダウンロードしていただきます。
冊子版に比べて、すぐに教材の内容を始めることができます。

【冊子版とは】
決済後1~5営業日以内に冊子版の教材(107ページ)を発送いたします。
教材の内容はダウンロード版と同じですが、価格には送料と印刷諸費用(1,800円)が含まれています。
※発送元は (株)DawnRaid の委託会社となります。











最後に、あなたに、
私が困難にぶつかった時に必ず思い浮かべる名言を贈りたいと思います。

最近よく、テレビやインターネットで、
脳科学という言葉を聞くようになりました。
特に(幼児)教育の場面においては、
脳科学というジャンルが台頭しているように思えます。

これは、時代が、時間や労力を浪費するド根性論の勉強法ではなく、
ちょっとしたツボを押してやる、効率のよい勉強法を求めている証拠です。

別の言い方をすれば、



イチローさんも、横峰さくらさんも、石川遼さんも、みんな、
(知ってか知らずかは分かりませんが)
脳科学的な見地からは非常に効率的な教育を受けてきたのです。

・・・ただ、もしかすると彼らには特別な才能があったのかもしれません。

先ほどもお伝えしましたが、
もしも、


なぜ役に立たないかと言うと、結局のところ、

特別な才能がある人には、特別な才能がない人の悩みは分からないからです。

特別な才能がある人は、(その苦悩を理解することができないので)
特別な才能がない人を指導することはできないからです。


試験合格の特別な才能を持った、
偉い先生が書いた参考書が役に立たないことが多いのは、
そういった理由からなのです。


その点、山田さんは頭がいいわけでもなく、特別な才能も持っていません。
(すごく失礼な言い方をしていることを承知の上でですが)

また、あなたに特別な才能があるかどうかは私には分かりませんが、
少なくとも『宅建試験に合格する』という場面では特別ではないはずです。

同じ、特別ではない山田さんが社会的にも成り上がった勉強法を、
あなたは知りたいと思いませんか?


ここまでお読みいただいたあなたは、
『今年の宅建試験に絶対に合格する!』と強く思っている方だと思います。

成功哲学の祖とも言われている、
ナポレオン・ヒルの言葉にこういうものがあります。



あなたが強く宅建試験に合格したいと思うなら、それは絶対に叶います。
何事も思い(想い)続けること、そして、
ゴールを達成した時の自分の姿を強くイメージすることが肝心です。

もしかすると、その強い想いが、
こうしてあなたと“山田式勉強法”を巡り合わせてくれたのかもしれません。

山田さんも私も、あなたの宅建試験勉強ライフをできる限り応援しますので、
一緒に思考を現実化しましょう。
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://infoweedcom.blog42.fc2.com/tb.php/339-bc695cbc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。