Economy on cash~全く新しいお金の稼ぎ方~ - セールスレターの嘘を暴く!

セールスレターの嘘を暴く! ホーム » スポンサー広告 » 未分類 » Economy on cash~全く新しいお金の稼ぎ方~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Economy on cash~全く新しいお金の稼ぎ方~

Economy on cash~全く新しいお金の稼ぎ方~

東証一部上場企業数十社からの連続入金。


あなたの銀行通帳がそんな明細で埋め尽くされていたなら、

それを目にした回りの方々は

あなたが一体何をしてそんな入金を得ているものか、

あなたの職業さえも疑ってかかるかもしれません。


大手家電メーカー『ソ●ー』『パナソ●ック』『ヒ●チ』、

日本のみならず世界の自動車メーカー『ト●タ』『ニッ●ン』、

言わずと知れた食品メーかー『カ●ビー』『日●ハム』、

格安衣類ブランドの殿堂『ユニ●ロ』、

そして国内ナンバーワンの航空会社『全●空』。


職種を問わずその企業名は伏字を入れても

誰もが一目でわかるような大企業ばかり。


こうして名を連ねた企業以外にも

誰もが知っている大手企業の大半はこのノウハウの対象であり、

その約7割ほどが東証一部に上場する企業となっています。


そんな名だたる大企業数十社から、

日々途切れることなく数万円単位の入金を受け取れる、

そんなノウハウが存在する事など

にわかにはとても信じられない話ではないかと思います。


しかし現実として日本の経済体系には

それを可能にするある盲点が存在し、

現実に私はそれらの大手企業数十社から

日々数万円の入金を継続的に受け取り続けているのです。












そして上記の入金は全て

大企業が大企業であるがために必須となる利権支出の一部

であり、

そうであるからこそその支払い元は

必然的に国内でも有数の大企業のみとなっています。


従ってこのノウハウにおいて受け取っていく収入は

どこかの個人から何らかの金銭を徴収していくようなものでも無く、

あくまでもそういった大企業からの直接的な入金となるため、

お金の出所さえ不透明な怪しいビジネスなどとは全く異なります。


更に言えばそのお金の流れの中に

モノや情報・サービスの売買・斡旋・紹介

第3者の関与を含めた集客概念なども一切無関係

である事から、

ポイントサイトや出会い系サイトやSNSなどを利用した

ありとあらゆるビジネスモデルや

情報販売・アフィリエイト・オークション、

ドロップシッピングやクリック課金などと言った

既存のあらゆるネットビジネスなども

全くもって無関係なノウハウとなっています。


従ってこれからお伝えする方法に関しましては

そういったあらゆるビジネスの固定概念を取り除き

頭をフラットな状態にした上で耳を傾けていただきたいと思います。










ただどんなに第3者との関与や集客などが無関係と言っても

そういったビジネスとの関係性を疑う

その懸念点はなかなか消せるものではないかもしれません。


このネット業界に出回っている

「インターネットを利用して収入を得るノウハウ」は

そういったものとの関係が必須事項になっているのも確かです。


しかしそういった実態を述べた上でも断言出来るポイントとして

この方法においてあなたが金銭のやりとりをする対象は

あくまでもそういった大手企業のみ

であり、

そのお金の流れに何らかの企業や

あなた以外の個人が関与することは一切ございません。


またそれらの大企業からの利権収入を得る際に関しても

その対象となる企業を確認出来るサイトを観覧する行程と

その利権金を受け取るために必要な企業情報を取得して

その情報をそのままある仲介業者に申請する行程があるくらいで、

これらの行程も自身の一方的な作業のみで

全ての業務を完全に自己完結出来るようになっています。


つまりその行程は完全な自己完結業務のみであり、

それに伴う金銭の流れに関しても

あなたとそれらの大企業以外には一切関与する事はございません。


そうであるからこそこのノウハウにおいては

第3者との関与や集客などの概念が全く無関係と断言出来るのです。










従ってこの方法で収入を得ていく上では

どこの誰に迷惑をかけるような事も無ければ

どこかの企業に損失や損害を与える事もございません。


文頭から強調したように

その内容には法的な問題点も一切無く、

実際に受け取れる金銭は全てが法的に認められたもの

になります。


違法性はおろかグレーな要素さえ一切伴いません。


そしてそのお金の出所は紛れも無く

誰もが知っているような大手企業数十社に上り、

その収入は大企業が大企業であるがための

必然的な利権支出の一部から合法的に還元されるもの

になっています。


言わば株を上場させているような規模の大手企業には

世間の常識では計り知れないほどの経済事情があり、

そこには必然的な利権支出の項目が関係してくるのです。


それはまさに税務上の税金や株主への株主配当などと同様に

大手企業においては経理上の必須科目である事から、

大きな企業であるほどその支出を留める事は絶対に出来ません。


税金を支払わなければ法に裁かれ、

株主配当を支払わなければ株主が離れるように

この利権支出を出さなければ、

それらと同レベルに会社の信用を失墜させる事に繋がるのです。


だからこそ一定の規模を超えた大手企業は

この利権支出を一定の予算を組んで放出している実態があり、

もともとある公的機関に関係する役所に勤めていた私は

職業柄そのような経済事業を裏側を知っていました。


そして私はその実務に関わる中で

その利権支出には1つの抜け道がある事に気が付き、

その発見がこの方法を確立させるきっかけになっていったのでした。










職業柄私が気付けるに至ったその抜け道というのは

その利権支出を出している企業さえわかってしまえば

あとはその企業のある情報を取得するだけで、

その企業と何の取引も無い個人であっても

結果としてその支出金を受け取ることが出来る

という事でした。


世間一般の認識としては

その支出金はその企業との取引が無ければ

まず受け取る事は出来ないものとされていたため、

これは非常に大きな発見と言えるものだったのです。


そもそもこのような利権支出の存在を知っている人自体が

一般的にそう多くはないのですが、

その企業との取引を無しにそれを受け取れるなど

それを認識しているような人であってもまず考えもしません。


しかし実態としてその利権支出は

その対象となる企業のある情報を取得出来れば

実質誰でも受け取る事が出来る体系になっていたのでした。


ただこの発見には1つだけ大きなハードルがございました。


それはその利権支出を出している企業を

リアルタイムに把握していかなければならないという事でした。


職業柄、私がそれを行う事は不可能ではありませんでしたが

公務員という立場である以上その職に就きながら

その支出金を個人的に受け取っていく事は許されません。


かと言ってその立場を失うと

その対象となる企業を把握することは出来なくなります。


まさにあっちを立てればこっちが立たずという状況に置かれ、

何か解決策となる方法が無いかと思いながら

私は法律文献に目を通したり

ネットサーフィンを行ったりという方法で

その解決策を模索していきました。


そんな中でまさにその問題点を解決する上で

最適とも言えるサイトを見つける事が出来たのです。










それは私が半場この方法で大金を稼ぐ事を諦めかけた頃でした。


ダメもとでこの利権支出に関係するキーワードを次々に打ち込み、

何か解決策が無いかと模索していたところ、

ふとあるサイトが目に止まったのでした。





それはまさしく青天の霹靂でした。


まさにその利権支出を出している企業の一覧を

独自のルートでまとめ、

一般的に公開しているサイトがあったのです。


その情報網の広さ、情報の的確さは

それに携わる職業に就いている私から見ても

まさに目を見張るようなサイトに他なりませんでした。


“これだけの情報を公開しているサイトがあるなら十分イケる…!”


私は早速そのサイトに掲載されている情報をもとに

その抜け道を突いた上で

その対象となる企業からの利権金を受け取るため、

それに伴う必要な手続きを順を追って踏んでいきました。


そして必要な申請から1週間ほどが経過した頃、

手続きの際に指定した私の口座には

その企業の利権支出の一部として

その支出金がしっかりと入金されていたのでした。

↓↓↓




この場でその対象企業名を上げるのは

適切では無いと思いますので

あえてどこの企業からの支給を受けたのかは伏せておきますが

私の口座には間違いなく12800円という金額が入金されていたのです。


それはまさに私がこの方法の再現性を

100%間違いないものであると確信した瞬間でした。










数十社を対象に出来る利権金取得法において

たった一社のみを対象にしても

1万円以上もの支出金を受け取れてしまった私は

それ以降も次々とその対象となる企業から

規定の支出金を掻き集めていくようになりました。


当然そこまでの荒稼ぎを始める頃には

職場を後にしていた事は言うまでも有りません。


もともと好き好んで働いている職場ではありませんでしたので

経済的な面での安定を得られたなら

そこを退職してしまうことには何の抵抗も無かったのです。


それだけこの方法で受け取れる支出金は

現状の日本の経済が根底からひっくり返らない限りは

確実に受け取り続ける事が出来ると考えられるものでした。


これが規制されることは

今後の日本経済を大きく低迷させる事に繋がりますので

法律的に見てもこの利権支出が無くなる事は100%ありえません。


そういった確固たる資金源を発見してしまった事で

公務員として堅実なだけの人生を歩んでいく予定だった

この私の人生設計は根底から大きく覆され、

それと同時に時間や労働には一切縛られない自由な生活を

私自身も思いもよらなかった形で手に出来てしまったのでした。










そうして私の私生活が一変した事は言うまでも無いと思います。


それまでは朝早くから夕刻まで働いても

手取りで受け取れていた給与はわずか30万円足らずでした。


それに対し今では1日トータル30分とかからない

完全に事務的な作業を繰り返していくのみで

1日3万円前後、毎月100万円近い収入を得ているのです。


当然そこから税金などを支払っていますが

それでも毎月十分に贅沢な生活をエンジョイしながら

それなりのお金を貯蓄していく事も出来ています。


こうした金銭的な余裕が得られたにも関わらず

それ以上に日々全く時間に縛られる事が無い

自由きままな生活が手に入ったのです。


好きな時間に起床し、好きな時間に就寝出来る、

たったこれだけの事で毎日がどれだけ充実したでしょうか。


旅行に行くも毎日寝て過ごすも完全に自由なのです。


私にとっては収入が増えた事以上に

時間に縛られない生活が手に入った事が何よりもの喜びでした。


とは言えそれだけの収入を得るためには

それなりに最低限の手続き的な作業はこなしています。


ただしそれは到底仕事と言えるような作業ではございませんし

本当に事務的な手続きを機械的に行っているに過ぎません。


しかし現実として文頭からお伝えしている利権支出は

その必要な手続きを踏んでおくだけで

その対象となる企業から確実に支給され続けるようになっているのです。










そしてここからは私が実際に行っている作業をお話ししていきますが

その行程は至ってシンプルな以下のような流れとなっています。


 ①例のサイトを見てその利権支出の対象となっている企業名を確認

 ②某データベースサイトからその対象企業のある情報を取得

 ③取得した企業情報を元に必要な申請手続きを行う


実際の行程としてはこうした3つのステップを

1つ1つの企業ごとに行っていくのみであり、

1社ごとにかかる作業時間はものの5~10分程度となっています。


よって1日10社分の作業を行っていったとしても

その作業時間は1~2時間もあれば十分という事です。


つまりこの利権収入を得るために

あなた自身が実際に行っていくであろう作業は

作業が多い日でも1~2時間前後で終えられる作業なのです。


とは言えその対象となる企業が多いほど

その日の手続きから得られる収入も多くなりますので

少ない労力であってもとその量と収入はおおよそ比例します。


そして1社あたりの手続き一度につき

実際に入金される支出金の金額は

対象となる企業の規模や利権そのものによって異なり、

金額としては3000~30000円ほどが

そのおおよその目安となっているのです。










そうして獲得していった利権金は手続きから1週間ほどを目安に

予め指定した銀行口座へ入金される流れとなっています。


その手続きごとに対象となっている企業より

直接指定の口座へと入金されるようになっているのです。


尚その対象となる企業に関しては

先ほどお話しした例のサイト上より随時確認が必要で、

サイト上には下記のような形式で

1日1日で追加されていく

その対象企業の企業名が挙げられていきます。




上記の通りこのサイト上にはこの利権支出における

対象企業の企業名がリアルタイムに公開されているため、

基本的には一日一度そのサイトをチェックしていくだけで

各企業の利権支出はほぼ満遍なく

総舐めにしていく事が出来るようになっています。


少なくとも1日3~5件ほどは追加されますし

多い日は10件ほどの企業名が追加されます。


逆に1件も追加されないという日はほぼありえません。


そもそもこの利権支出は

ある一定の規模を超える企業ほぼ全てが対象となっていますので

東証一部に上場している企業だけでも

国内には1500社以上の企業がひしめいています。


それらの企業も含め、

国内でこの利権支出の対象となる企業の数は

非上場の企業も含めると悠に2000社近くは存在し、

1年の間に一度はその利権支出を出す必要がある特性から

この利権金獲得法においてはどう少なく見積もっても

1日3~5件は常にどこかの企業がその対象となっていくのです。










そしてこの方法においては

そうして日々追加されていく企業全てが

この利権支出に関係する企業であり、

それらの企業1つ1つに必要な手続きを踏んでいけば

全ての企業から確実にその支出金を受け取る事が出来ます。


全ての企業に1年に一度の決算やそれに伴う納税義務があるように

この利権支出に関しても

一定以上の規模で事業を展開する企業においては

1年間に一度は必ず支出する必要がある支出となっています。


従ってそういった全ての企業に対して

その利権支出を受け取るたえの手続きを踏んでいけば

そういった2000社近い全ての企業から

3000~30000円の支出金を着実に収集していく事が出来ます。


そのための行程が一日一度のサイトチェックと

それに伴う企業情報の取得とその申請手続きなのです。


実際にその行程さえ徹底していけば

すでにお見せした下記ような

複数の企業から日々何件もの入金を得ていく事が出来ます。





ご覧の通り1日の収入は3万円前後に上るため、

毎日のサイトチェックとその必須作業を徹底していけば

1カ月の収入が100万円を超える事も全く珍しくはないのです。










ただそこまで毎日の作業を徹底していったとしても

1日に追加される対象企業の数は3~6社ほどとなりますので、

1社当たりの手続き時間が5~10分ほどである以上

日々の作業時間は1時間もあれば十分なものになっています。


その作業の流れについてはすでにお伝えしたような


①例のサイトを見てその利権支出の対象となっている企業名を確認

②某データベースサイトからその対象企業のある情報を取得

③取得した企業情報を元に必要な申請手続きを行う


という3つのステップを繰り返すのみです。


そしてその実作業としても

対象企業の確認に関しては例のサイトにアクセスすれば

下記のような形式ですぐにその一覧をすぐに確認出来ます。




その後のデータベースサイトからの情報取得に関しても

下記のように企業名を入力しての

キーワード検索が出来るようになっていますので

ここにその企業名を入れれば

その対象企業の取得情報がそのまま出てきます。





従ってその企業情報を探し回るような必要も一切ございませんし、

サイト上に対象となる企業の情報自体が無いこともまずありえません。


もともと大手の企業のみが対象となる以上、

このデータベースサイトの中に

その大手企業の情報が無い事自体がまずあり得ない事なのです。


実際に私自身がこれまで何千社という企業の情報を検索してきて

情報そのものが見つからなかった事は一度もございません。


よほどマイナーの企業の情報ならともかく

この利権支出の対象となる企業の情報であれば

そのデータベースサイトの中に間違いなくございます。


あとはそこで取得出来る申請情報をそのままコピーし、

その情報を元に必要な申請手続きを行っていけば

その1週間後には規定の利権支出が

対象となっている企業より直接入金されるようになっているのです。
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://infoweedcom.blog42.fc2.com/tb.php/381-d27270bd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。